【子猫】 家の近くをうろつく、美しいオッドアイの子猫。なんとか家族に迎えたいと、懸命な「説得」を続けた結果…?

自宅の近くで、汚れた1匹の子猫を発見したベティさん夫妻は…

お腹を空かせた彼女を放っておけず、フラッフィと名付け、いつもご飯や水を分けてあげていたといいます。

 
フラッフィは、美しいオッドアイの持ち主でした。

やがて、どうにか彼女を保護したいと考えたベティさんは、少しずつ信頼を得ようと努めます。

最初のうちは、ただじっと静かに待っていました。

私が隣にいても気にせずに、ご飯を食べたり水を飲むようになってからは、少しずつ話しかけるようにしてみたんです。

懸命な説得

警戒心の強いフラッフィは最初、その体に触れようとしただけで怯えてしまっていたのだとか。

 
それでも、ベティさんは辛抱強く愛情を示し続け…

まもなく「自分は怖い存在じゃない」と証明することに成功します。

 
こうして、孤独に暮らしていた子猫は…

ベティさんたちにとって、かけがえのない家族の一員となりました。

ご飯を食べる前には、必ず甘えてくるようにまでなったんですよ。

あんなにも臆病な野良猫だったのに、本当に驚きです。

 
身体は毛玉だらけで、ところどころ皮膚が剥き出しになっており…

加えて、寄生虫や耳ダニ、感染症に侵されていたことも判明します。

 
しかし、身だしなみを整えて必要な治療も受けさせてもらうと…

彼女はすぐ、心身ともに健康な子猫へと生まれ変わりました!!

フラッフィは、子犬みたいに振る舞うことがあって…

私が仕事から帰ってくると、車から降りるまで、ずっと窓からこっちを見守っているんです。

それから玄関までやってきて、ドアを開けると「おかえり」の挨拶をしてくれるんですよ。

 
どうやら、優しくて親切なベティさんのことが、大好きなってしまったようです(*´∀`*)

関連:【子猫】 団地で暮らしていた臆病なノラ猫は…仲良くなった優しい住民の部屋で、元気な子猫たちを出産した!

大人になっても

それから一年ほどが経過して…

美しい大人の猫へと成長を遂げたフラッフィ。

 
見違えるような大変身は、ベティさん夫妻の愛情の賜物に他なりません。

最高の飼い主さんと巡り合うことができて、本当に良かったですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ