子猫を保護するも母猫が逃亡。それでも、再会を願って尽力した結果…

タグ

ある日、動物保護団体「Shuswap Paws Rescue Society」に、野良猫を保護してほしいという依頼が入ります。

 
さっそくスタッフのバーバラさんが現場に向かうと…

母親と思わしき猫が、すごい勢いで納屋から飛び出していきました。

そして



手押し車の後ろをのぞいてみると…

ガリガリにやせ細った子猫たちがいたんです。

 
母親猫を捕まえるための仕掛けを設置した後、彼らは子猫を連れていったん引き返すことにしました。

子猫と母猫の再会

施設に到着した子猫たちは、身体をきれいにしてもらい…

寄生虫の駆除や感染症の治療など、適切なケアを受けます。

 
やがて元気になった子猫たちは、生涯のお家を見つける準備をするため、一時的に里親ボランディアに預けられました。

 
それから10日後、無事に保護された母猫が、施設にやってきました。

アンバーと名づけられた彼女は、同じ部屋にいた子猫を見るや否や、彼らに走り寄りましたが…

 
我が子ではないと気づいて、大きな声で鳴きはじめます。

 
彼女の悲しそうな様子を見たバーバラさんは、すでに里親ファミリーと暮らしていた子猫たちを呼び戻すことに。

 
そして、待望の瞬間



その姿を見るなり、アンバーはキャリーケースから飛び出して彼らの鼻にキスをし、愛おしそうに1匹ずつ毛づくろいをはじめたといいます。

 
保護以降はじめて、家族揃って食事もすることができました。

 
スタッフたちの思いやりにより子猫たちと再会できて、アンバーの不安も解消されたことでしょう。

関連:迷い猫の飼い主を探したところ、悲しい事実が判明。しかし…『奇跡』は起こった

幸せになる準備

猫の家族は、もう飢えや寒さを経験することはありません。

準備が整い次第、新しいお家に引き取られる予定です。

 
彼らにピッタリのお家が見つかって、幸せに暮らしていってくれることを祈ります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ