【子猫】 救急医療に従事する男性が、排水溝に落ちた子猫を救出。初めは怯えていたが、助けてもらったことを理解すると…?

救急医療に従事するショーンさんは、車を運転している最中に、2人の幼い子どもに呼び止められました。

 
彼らは、排水溝に落ちてしまった子猫の鳴き声に気付き…

どうにか救ってあげてほしい、とショーンさんに頼み込んできたのです。

救出劇

子どもたちの案内に従って車を向かわせると、確かに排水溝の奥から子猫の鳴き声が。

どうやら水のせいで体温を奪われ、何度も逃げ出そうとしては失敗したせいで、疲れ果ててしまっている様子でした。

ショーンさんは、とっさにレスキュー用の道具を自作し、子猫の救出に成功します。

彼女はひどく怯えていたものの、もはや逃げ出す体力さえ残っていなかったようです。

 
冷たく濡れた身体をタオルで包み温めてあげると、幾分か落ち着きを取り戻したのか…

自分を助けてくれたショーンさんにしがみついてきました。

 
毛を乾かしてご飯も食べたあとは、毛布にくるまれてぐっすり。

これほどまでに安心できたのは、きっと生まれて初めての経験だったことでしょう。

 
その後、ショーンさんは地元の保護団体に連絡を取って、彼女が無事に飼い主を見つけられるよう手配し…

やがて、ボランティアとして所属していたイヴォンヌさんが、お世話を引き継ぐことになりました。

里親として預かるということだったんだけど、その時から、「たぶんこの子は家族になるだろうな」と思っていたんです。

彼女の小さな身体と、悲しそうな目に、すっかり心を奪われてしまって。

 
こうして、最高の居場所を手に入れることになった子猫は…

その後、ココという素敵な名前をもらって、新しい環境に馴染んでいきました。

関連:【子猫】タイヤショップにふらりと現れた不思議な瞳を持つ子猫。調べてみると盲目であったため、放っておけなかった店主は…

素敵な家族

家中を探検したのち、イヴォンヌさんにもすぐにすり寄って懐いたというココ。

トラウマになりそうなほどにひどい体験をしたにもかかわらず、彼女はとてもよくやっています。

今では、4匹の犬と3匹の猫とも兄弟姉妹になって、あっというまに大家族の一員です。

 
これからも彼女が幸せな生活を思う存分満喫できるよう、心から願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ