先天的な形成不全で、命さえ失いかけたラブラドールレトリバー。それでも優しい飼い主と苦難を乗り越え…念願の水遊びへ!

ラブラドール・レトリバーのフェリックスは、生まれながら「口唇口蓋裂」という症状を患っていました。

 
飼い主であるジェイミーさんは、彼と出会った当時のことを、以下のように振り返ります。

私がフェリックスを引き取ったのは、まだ生後11日の赤ちゃんの時でした。

動物救助として働いていた私は、ブリーダーの方から「生まれたばかりの子犬が危険な状態だ」という連絡を受けて、現場に向かったんです。

運命を乗り越えて

赤ちゃんのフェリックスは、唇や口蓋が割れてしまっているせいで、上手にお母さんからミルクをもらうことが出来ずにいました。

 
加えて誤嚥性肺炎を引き起こしており、その命は、まさに風前の灯火だったといいます。

 
それでもフェリックスを引き取ったジェイミーさんは諦めず、チューブを使って彼にご飯を食べさせてあげました。

 
すると7週間ほど経つ頃には、肺炎もすっかり改善。

その他の健康上の問題も、献身的な看護によってクリアしていき…

生後14か月ほどで、美しい毛並みの大人の犬へと成長を遂げます。

 
やがて、フェリックスは口唇裂を修復するための手術を受け…

健常な犬と同じように、ご飯を食べたり飲んだりできるところまで回復したとのこと。

以前までは、裂け目に食べ物が詰まってしまうことがあるので…

食事のあとにそれを綺麗にしてあげる必要があったんです。

彼にとっても、たいへんだったと思います。

 
手術後、川で思いっきり遊べるほどまで元気になったフェリックスは…

生まれて初めての水遊びに、顔中を濡らして、全身で回復の喜びを表現しました。

 
思いやりに満ちた飼い主さんと出会えたのは、フェリックスにとって最大の幸運といえるでしょう。

関連:セラピー犬として警察署に配属されたラブラドールレトリーバー。しかし、その任命式で…可愛すぎる「失態」を犯してしまう!

たくましく生きる

彼は幸せに暮らしていますよ。

自分の健康の問題も、あんまり気にしていないみたい。

今まで出会ってきた中でも、彼ほどに生命力あふれる犬は他にいません。

遊ぶのも大好きで、ボールを投げて取ってくる遊びなら、たぶん一日中やっていられるでしょうね。

 
多くの苦難を乗り越え続けるフェリックス。

これからも、強くたくましく、そして幸せに生きていってくれることを祈ります。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ