【子猫】 高速道路の壁の上で立ちすくんでいた子猫。優しい警察官が駆けつけると、「待ってました」とばかりに保護されて…

ある日、米ミズーリ州の警察官であるジェイソンさんのもとに、1件の連絡が入ります。

高速道路の中央分離帯の上で、動けなくなっている子猫がいる。

 
すぐに現場へ急行すると、おもちゃのグローブの隣で立ちすくむ子猫の姿を発見。

 
ジェイソンさんは車から降り、自分の猫を呼ぶように優しい口調で声をかけます。

こっちだよ、子猫ちゃん…

ほら、子猫ちゃん。

 
すると尻尾をピンと立て…

 
まるで「連れて行ってもらう準備は万端!」とばかりに鳴いて応えてくれました。

新しい生活

パトカーへと連れ帰ると、感謝の気持ちを表すようにすぐに喉を鳴らし始め…

身体やハンドルに顔を擦り付け、助手席に置いても膝に飛び戻ってしまったそうです。

子猫の尻尾が焦げていることからすると…

どうやらエンジンルームに入り込み、あの辺りで車から降りたのでしょう。

少なくとも5時間程度は、あの場所にいたようです。

 
その後、地域の保護シェルターで避妊手術を受けさせてから…

ジェイソンさんは子猫をベラと名付け、新しい家族として引き取りました。

 
彼女が冷たい風をしのぐために使っていたおもちゃのグローブも、記念として翌日持ち帰ったそう。

 
家にはすでに、2匹の保護犬と1匹の保護猫が暮らしていましたが…

 
その中で、特に数ヶ月前にお兄ちゃん猫を亡くしたジャスパーとは、大の仲良しになったといいます。

ベラは冒険家で、同じ場所に留まっていないんです。

いつも新しい隠れ場所を見つけています。

関連:【子猫】 親とはぐれ、独りでさ迷っていた臆病な子猫。保護先で出会った先住猫がパパ役を買って出ると…2匹は強い絆で結ばれた

ずっと幸せに…

独りぼっちで立ちすくんでいた小さな子猫は、温かい家族を手に入れることができました。

 
これからも大きな愛を体いっぱいに浴びながら、幸せに暮らしていくことを心から願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ