子猫を保護していた団体の前に、ふと現れた1匹のノラ猫は…やがて自分から罠に入り、『一緒に連れてって!』とアピールした

保護団体CatRescue901が管理するノラ猫のコロニーに、ふと現れた1匹の猫・アリは…

とても愛情あふれる性格で、その日から子猫たちのお世話をし始めたと言います。

 
そんなあるとき、スタッフが子猫たちをキャリアに載せ替えていると



 
彼は自ら空っぽの罠に入っていって、まるで「一緒に連れて行って」と言うように見上げてきたのだとか。

優しいおじさん

アリは当時、6匹の子猫と2匹の母猫のお世話をしていました。

 
面倒を見てもらっていた子猫たちも、優しいアリおじさんにベッタリだった様子(*´艸`*)

 
やがて準備が整い、彼らがそれぞれ新しい家族を見つける準備に入った頃…

 
アリにも、素敵な引き取り手が見つかります。

 
以来、彼は「チャフィー」という新しい名前をもらい、思う存分甘やかされて育っているそうです。

彼は私たちの生活に喜びを与えてくれています。

FIV*を患っていますが、診断されていなかったら気がつかないくらい健康で…いろんな意味で、とても普通の猫なんです。

*FIV=ネコ免疫不全ウイルス。「ネコエイズウイルス」とも言われる有効な治療法のない感染症

関連:【子猫】とある民家の周辺で鳴き続けていた、独りぼっちの子猫。里親のお世話になっているうちに、思わぬ展開になって…?

幸せいっぱい

チャフィーは人に構ってもらうのが大好き。

 
飼い主さんも、彼が望む時にはいつでも撫で、寄り添ってあげます。

ソファのクッションにダイブしたり、トンネルみたいに潜って進んだりして遊ぶのが好きなので…

うちのクッションはチャフィーのためにずっと要塞のようにアレンジしてあるんです。

 
他者に愛情注ぎ続けてきた猫は、ようやく自分を愛してくれる家族を手に入れることができました。

 
これからも、幸せに暮らしていくことを願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ