元の飼い主に置き去りにされたシェパードのミックス犬。残された『メッセージ』の内容が辛すぎる

ジャーマン・シェパードとオーストラリアン・シェパードのミックス種、ローディは…

首輪を木に繋がれて、置き去りにされていたところを保護されました。

首輪には、プラスチックのボトルが吊るされており…

その中には、前の飼い主が書いたと思われるメッセージが入っていたのです。

悲しい別れ

メッセージは、ローディの一人称で書かれており…

彼女を見つけて拾ってくれる誰かに宛てた、自己紹介の手紙でした。

私の名前はローディーです。

「お座り」「伏せ」「お手」などといった、簡単な命令が分かります。

元気いっぱいで、遊ぶのが大好きです。

手紙によると、元の飼い主だった男性は…

新型コロナの影響で仕事も家も失ってしまったために、もうローディーのお世話が出来なくなったそう。

元飼い主の男性は、「自分と一緒にいるよりは幸せだろう」と、敢えて手放したのかもしれません。

それでも、ローディーを保護した施設の代表・ミハエルさんは…

屋外へ置き去ったことについて厳しい意見を述べ、「もし大切なペットを手放す際には、地元のアニマルシェルターへ連絡してほしい」と強調します。

もしかしたら、車に轢かれていたかもしれない。

野生の狼やコヨーテに、襲われていた可能性だってあったんです。

その後、ローディーの引き取り手を募ったところ…

幸いなことに、20件以上もの申請が集まりました。

結果、治安当局の消防部門に所属する方と巡り合い…

救助犬として育成されることが決まったそうです。

関連:自らの障害を克服し…シェパードとボーダーコリーのミックス犬は、『他者を救う』ために尽力する

みんなの反応

●ローディーに新しい居場所が出来てよかったし、元の飼い主さんの状況にも同情する。でも、彼女を独りぼっちで放り出したのは、ちょっとなぁ……

●手紙の内容の真偽は分からないが、どっちにしても俺はまったく同情できないね

●こんなご時世だし、不幸自慢はいくらでもすればいいよ。けど、それを言い訳にして動物を捨てるのは絶対ダメ!

●飼えなくなったのは仕方ないとしても、せめて新しい家を探すところまでは、面倒みてあげてくれ……

どれほど辛い事情があって、愛すべき家族を手放すことになったのだとしても…

飼い犬たちには、何の罪もありません。

命を預かる立場として、最善の方法を探してあげてほしいものです。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ