『意味合いは同じなのに』 神社の巫女が投稿した「ある疑問」に共感

神社巫女 (@jinjamiko)さんは先日、Twitter上に「ある疑問」を投稿しました



 
なるほど…Σ(゚д゚;)

宗教と信仰

神社巫女さんに申し訳なく思いつつも、これは頷いてしまいますね…!

 
宗教が身近である一方、「信仰」は身近ではない。

過去には地下鉄サリン事件などもあったがゆえ…我が国でそうしたスタンスが生まれた背景には、複雑な事情が存在しそうです。

関連:親『婚約者が新興宗教にハマってないか調べなさい』 その結果…!?

みんなの反応

●確かにお賽銭箱に入れるのも、宗教団体に寄付していると言うのもそうですよね。同じ意味なのに

●神宮外苑のとある施設で働いてる子が「宗教団体ですよ」って言って、周りの男が「え…」と引いてくのを見たことがありますw

●日本での宗教のイメージ悪さを物語る。初詣や除夜の鐘、クリスマスと様々な宗教行事には参加するのに。方向性を間違えてしまう教祖の責任は大きいですね

●教会へ行くようになり、教会の話をするようになってから、私から距離を置くようになった人が結構いる。結婚式以外に教会(「本物」か「偽物」かはさておき)とほとんど縁がないこと、昨今のカルト宗教の台頭、「勧誘されるかも」「洗脳されるかも」という恐怖感が大きな理由だと思う

 
ハッとさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ