【子猫】病に冒され、孤独にさ迷っていた子猫。家族の温かさに包まれ、たくさんの愛情を注がれて…美しく生まれ変わった!

ペルーの首都・リマのケネディ公園にて、生後3ヵ月ほどの子猫が保護されました。

 
かなり衰弱しており、体臭も酷く…

彼女を保護したテラさんは、「このまま放っておけば、誰にも救われることなく弱っていくだけだ」と考えたそうです。

温かな家庭

チーファ・チャプスイと名付けられた子猫は、タクシーで動物病院に向かい、お風呂に入って身体を綺麗にしてもらいます。

 
そして、入浴を終えた彼女は…

まるで「あなたが私の飼い主!」と主張するかのように、テラさんの夫・エドさんの肩へよじ登ってきたのだとか。

 
新しくやってきた子猫を、飼い犬のジュノも大歓迎。

 
家庭の温かさに包まれて、チーファは少しずつ猫らしい性格を覗かせるようになります。

 

たったの1ヶ月で、彼女はとても破壊的で、活発な子猫になってしまいました。

でも一方で、信じられないくらいにカワイイ子でもあるんです。

 
エドさんは、「自分は絶対に猫好きの人間なんかじゃない」と言い張っていたそうですが…

いつしか、チーファの魅力に完全に心を溶かされてしまったようです(*´艸`*)

関連:【子猫】 独りぼっちの子猫にであった女性。一時的な保護のはずが、いつのまにか「本当の家族」になっていて…

大変身

やがて1年が過ぎるころ…

チーファは、見違えるほど美しい毛並みと成長した体を手に入れていました。

 
テラさんたちが里親として引き取った子猫・ヌードルとも、少し年の離れた大親友になったそうです。

 
困難を乗り越え、幸せな暮らしを手に入れた子猫は…

これからも、素敵な思い出を積み重ねていくことでしょう!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ