【子猫】酷い感染症を患いながらも回復を遂げた子猫は、他の猫と過ごすうち父性が目覚め…「代理パパ」としての幸せを見つけた!

数年前に地域の動物保護施設にやって来た子猫・ベニーは…

酷い上気道の感染症を患い、寄生虫にも蝕まれていましたが、動物看護師のエレンさんのもとで徐々に元気を取り戻しました。

 
そして、兄弟たちが新しい家族の元へと旅立った後の数ヶ月間、エレンさんと一緒に職場を行き来するうち…

 
彼の『世話焼き』な一面が、どんどんと明らかになっていきます。

献身的な代理パパ

ベニーは特に、愛情の必要な幼い猫や、病弱な猫たちの面倒を見たがるそう。

いつも入って来たばかりの若い子猫たちに過ごし方を教えたり、一緒に遊んだりしてあげていたんです。

そのなかで、彼自身も成長していきました。

 
エレンさんが子猫たちを家に連れ帰るたび、ベニーは大興奮。

 
荷物を降ろす前から、キャリーを開けようと試行錯誤しはじめるのだとか。

子猫の受け入れは、彼にとって最高のプレゼントみたいなものなんです。

 
一度「パパスイッチ」がオンになると、ベニーの献身ぶりはとどまる所を知りません。

 
子どもたちの回復と成長には、惜しみない愛情とサポートが必要だと理解しているのでしょう(*´∀`*)

関連:【子猫】 鳴き声を聞き、探しにいくと…いきなり車の下からパンチ! 突然現れた勝気な子猫は、やがて大切な家族の一員となった

支えとなって…

初めての里子に出会ってから、複雑な問題をもつ何匹もの子猫たちを支えてきたベニー。

 
これからも彼は、たくさんの猫たちの「素敵なパパ」であり続けることでしょう!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ