保護しようと近づいたところ、隠れてしまった子猫。捕獲作戦もうまく行かず諦めかけていたら、「思わぬ助っ人」が現れて…?

道路をさまよっていた独りぼっちの子猫。

その存在に気づいた親切な女性が、保護しようと近づきますが…

隣の家の犬がやってきてしまい、怯えて身を隠してしまいます。

 
そこでインターネットを通じて、動物レスキューのコミュニティに救助を要請してみると…

動物レスキュースタッフのカリーナさんが、捕獲器を持って駆けつけてくれました。

思わぬ助っ人

数時間待ってみたものの、子猫が出てくる様子はありません。

 
「今日は諦めて、別の日に再チャレンジするしかないか…」

そう思った矢先、思わぬ事態が発生します。

突然、アライグマが現れたんです。

追いかけられた子猫は隠れ場所から飛び出し、全速力で道路のほうへ逃げました。

そこで往来の激しい道路に行かせないよう、藪に追いやったんです。

 
その後、藪の近くに捕獲器を設置して、無事保護に成功!

偶然出てきたアライグマに、感謝しかありませんね!

 
さっそく子猫を施設に連れ帰り、子猫のケアを始めたカリーナさん。

警戒心が強く近づくと威嚇してきますが、付きっきりでお世話をしたところ…

 
徐々に心を開き、のどをゴロゴロ鳴らしながら、お腹を撫でてほしいと訴えるまでになったといいます。

 
やがて引き取り先の里親も決まり、彼はバターと名づけられました。

ときどきソファの後ろに隠れたりはしますが、もう威嚇することはありません。

里親ママに可愛がられて、人間を信頼することを学んだのでしょう。

関連:飼い犬が発見して連れてきたポケットサイズの子猫。仰向けになって無防備なお腹を見せつけ、ひたすら里親に甘えまくる!

幸せになる準備

もうすぐ、バターの「生涯のお家」探しがはじまります。

 
ひもじい思いも、寂しい思いも、もはや過去のこと。

これから先は、快適なお家で優しい家族に囲まれて、幸せに暮らしていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ