瀕死の子猫を救った動物看護師。献身的なケアの果てに決まった「引取り先」は…

アメリカ・ニューヨーク州の動物病院で働く動物看護師のジルさんは、ある日1本の電話を受けました。

通りで、弱っている子猫がいる。

 
聞けば…7匹のうち4匹はすでに命を落としており、残りの3匹もかなり危険な状態とのこと。

前日の嵐で溺れてしまったようです。

生き残った子猫たちはまだ生後2週間ほどでした。

献身的なケア

運び込まれた彼らは、文字通りの満身創痍だったといいます。

脱水症状、栄養失調、目やに、鼻水…。

みんなびしょ濡れで震えていました。

 
ジルさんは自宅での預かりボランティアを引き受け、夜通しでケアを続けました。

一晩中ミルクを与え続け、胸元で子猫たちを温めながら過ごします。

 
しかし必死の看病にも関わらず、2匹の子猫は感染症の悪化から集中治療室に入れられることになり…

5日後、そのうち1匹は命を落としてしまいました。

 
残った子猫たちはそれぞれサント、ドナテッロと名付けられます。

 
その後もジルさんは、昼になると自身の務める動物病院に連れて行き…

 
夜は寝不足になりながらも授乳スケジュールをしっかりとこなしました。

もう疲れ果てているよ…。

だけど彼らが頼れるのは僕しかいないから。

本当に愛しているんだ。

 
そうした適切で献身的な処置のおかげで…

2匹は健康で力強い猫へと成長していきます。

もうすぐ引き取り先を見つけなきゃいけないんだけど…

考えるだけでも辛いよ。

サントは僕のヒゲで遊んでいる間、眠りに落ちるまでずっと見つめてくれるんだ。

ドナテッラはお腹を撫でてほしくて、抱き上げるまで大声で鳴いているよ。

 
走り回って遊ぶ姿を見るのが何よりの喜びと語るジルさん。

今までの苦労も、これですべて報われました。

関連:どこからか聞こえてきた猫の声。必死に探した結果、見つかった場所は…!

新たな家族

数日後、ついに彼らの引き取り手が決まります。

それは



 
やっぱりジルさん!!(*´艸`*)

たくさんの思い出ができた今…どうしても、離れ離れになることができなかったようです。

 
無条件の愛で命を救われた小さな子猫たち。これからも優しいパパに見守られながら、素敵な日々を送ってほしいですね(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ