『そんなことしたら』 オモチャ屋を悩ます、メーカーの「提案」とは

玩具店で働くホ°シ"シ" (@kiva_shf_kita)さんには、ある「悩み事」がありました



 
なるほど…!!

手にとったら最後

現場に立ったことがなければ、そうした実態はわからないかも知れません(;∀; )

 
商品を汚されたり、壊されたりしてしまっては元も子もない…

その点を、メーカーの社員さんたちにも十分考慮に入れてほしいですね。

関連:『無骨な形で最高』 重機メーカーが「スマホ」を作ると、こうなる!

みんなの反応

●元大手家電屋の玩具担当やったからわかりますわ。こりゃモラルの問題もありますね。片付けていく子どももいれば、ぐちゃぐちゃにしてタグをちぎったりする子どももいる。すべては親の教育に左右されるのではと感じましたわ(笑)

●買う気が失せるほど傷つきますよね…やっぱり箱は必要だったんだ…

●おもちゃに限らず、昔服屋時代本社からバイヤーが来て、せっかく作った売り場を自分の部門の商品売りたくて勝手に変えられました。狭い売り場を試行錯誤して作ったのに。店によって売れ筋違うんやから。もちろん、帰ったら速攻で戻してたけど

●「子どもにリーチしたい商品を子どもの手の届くところに起きたい玩具メーカー」vs「店舗内における治安維持と売上増のバランスに苦心する店舗」 でもこの視点は売り場で棚配置やって試行錯誤をした結果の知見で、とても大事だなぁ…つまり子供に購買前におもちゃにされ難く、かつ認知されるパッケージか…

 
同情する他ないお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ