あまりの空腹から、大量の異物を食べて苦しんでいた子猫。優しい里親のもと、生きる意志を捨てずに4日間戦い抜いた結果…!

米ロサンゼルスのとある民家の茂みで、生後6週間ほどの子猫が発見されました。

 
通報に駆けつけた保護ボランティアのサンドラさんは語ります。

子猫は、深刻な脱水症状を引き起こしていました。

あまりに痩せ細っていたので、背骨が浮いて見えた程です。

正直に言うと…彼女が助かるかどうかは分かりませんでした。

衰弱した子猫

リッヴィと名付けられた子猫を、動物病院に連れて行ったところ…

体調不良の原因は、消化器官の問題にあると判明します。

 
どうやら、あまりの空腹に耐えられず、視界に入るものを何でも食べてしまっていたようです。

しばらくの間この子は、自力で排便することさえできませんでした。

獣医師も、「このような症状は見たことがない」と言うほどです。

 
体内に溜まった毒素のせいで震え続けるリッヴィ。

サンドラさんは、彼女のために何度も動物病院を往復し、また排泄のお手伝いも欠かしませんでした。

 
そんな甲斐甲斐しいケアが実を結び…

少しずつながら、状況は好転していきます。

 
発見から4日がたつと、リッヴィは脱水症状から回復し、最終的には自力での排泄も出来るようになりました!

彼女が初めて自力でトイレをした時は、ちょっと泣きそうになってしまいましたね。

少しでも発見が遅くなれば、亡くなってしまっていたかもしれない。

でも、この子は生きる意志を失くさずに、ここまで回復したんです。

関連:凍死寸前で見つかった、体重が82グラムしかない子猫。ベテラン里親の懸命な看護によって、風前の灯火だった命が救われた!

飼い主が見つかった

そして、救助から5ヶ月後。

健やかに成長したリッヴィは、彼女を家族として引き取りたいという女性に出会いました。

 
今では、新居にもすっかりと馴染んだ様子です。

 
もう餓えや病気で苦しい思いをする必要はありません。

これからは飼い猫として、たくさんの愛情やご飯を与えられながら、幸せに暮らしていってくれることを願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ