保護施設にて、飼い主が見つかるのを待つ甘えん坊の子猫。1日目にして、同じく出勤1日目のボランティアの心を射止める!

米サウスカロライナ州の保護団体「Charleston Animal Society」に保護された子猫のチャーリーは…

預かりボランティアの元で過ごした後、飼い主を募集するべく施設へと戻ってきました。

 
甘えん坊の彼は、常に誰かの気を引こうとしていたと言います。

運命の出会い

同じ日、初めて施設でボランティアを始めたメイさんとボーイフレンドは、即座にチャーリーに心を奪われました。

近くを通り過ぎると…

前足をケージから飛び出させて、私の注意を惹こうとしてきたんです。

もう一目惚れしてしまいました。

 
腕に抱いたその瞬間、「私たちは彼に選ばれた」と感じたという2人は…

なんとボランティアを始めたその日に、子猫を引き取ることに決めます!

チャーリーは施設で1日も過ごすことなく、家族を見つけることができたのです。

 
家に連れ帰ると、子猫はさらに甘えん坊っぷりを発揮します。

 
優しいパパとママに見守られ、ますます魅了いっぱいに育っていくチャーリー。

お昼寝の際もパパと手を繋ぎ、絶対に1人で寝ることはないのだとか(*´艸`*)

長いドライブの時も車内でとてもいい子にしているし、新しい環境や経験にも物怖じしないし…

本当に最高の猫です。

関連:汚れたタオルに包まれ放置されていた、生後1日の子猫。小さなファイターはいくつもの困難を乗り越え…やがて美しく成長した!

いつまでも一緒に…

朝は、仕事に行かずに家にいてくれるようパパを説得。

こんなに可愛くおねだりされたら、家を出たくなくなってしまいますね!

 
保護施設に顔を出した1日目に、運命の出会いを果たした3人。

これからもみんな一緒に、たくさんの素敵な思い出を紡いでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ