グレムリンにそっくりなモジャモジャ毛の子猫。キャットタワーではなく、「人間の肩」に登るのが大好きな甘えっ子に育つ!

カナダのモントリオールにある動物シェルターに保護された、母親のいない子猫の兄弟たち。

皆が次々と元気を取り戻していくなか…

小さな体とモジャモジャな毛並みが特徴の「バンビー」と名付けられた1匹だけ、なかなか容態が安定しません。

 
そこで、動物レスキュー団体「Chatons Orphelins Montreal」が救いの手を差し伸べます。

小さな命を助けるために

団体にて、必要な医療処置を施されたバンビー。

適切な治療のおかげで、ゆっくりではあるものの体重は着実に増えていきました。

 
やがて生後8週間になった彼女は、同じ年齢の猫の半分ほどの大きさにまで成長し…

ほかの子猫たちと同じように、遊んだり走ったりととっても活動的です。

 
加えて、バンビーはある「変わったクセ」を見せ始めます。

人の肩に乗るのが大好きで、甘えて首にすり寄るんですよ。

もじゃもじゃで大きな目をした「かわいいグレムリン」みたいな彼女は、いつも人間のそばにいようとします。

 
たくさんの愛情を注がれた結果、とっても甘えん坊になってしまったようです(*´艸`*)

 
そうして里親に預けられてから2カ月。

バンビーは、すっかりゴージャスな猫へと成長しました。

関連:ダンボール箱で捨てられた「ぬいぐるみのような毛質の子猫」。里親のもとで成長し、別れの時が来たものの…

生涯のお家へ

それからしばらく後に…

とある方から、めでたく「バンビーを引き取りたい」という連絡が入ったそうです。

 
母親の温かさを知らずに生きてきた彼女に、ついに家族ができました。

飼い主の愛情に包まれて、この先も幸せに暮らしていくことを心から願っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ