『仏壇であげる線香、あれは…』 知られざる「意味」に、驚いた!!

神主になったアライさん (@araarafene)さんは、『線香』を巡ってこんな豆知識を投稿しました



 
そうだったのか…!!Σ(゚д゚;)

守り守られ

さらに、こんなエピソードも…

※燻蒸=くんじょう。原義は『いぶしむすこと』を指し、殺虫や殺菌を目的として薬品を散布する際にも用いられる語。

 
仏が人を守り、人が仏を守る。

実に興味深いお話ですね(*´∀`*)

関連:【納得】 落ち葉が多く掃除も大変なイチョウが、神社にある理由は?

みんなの反応

●この理論からすると、秘仏は痛みやすいのか

●だから蚊にさされやすい私、線香の匂い、好き。でも、お仏壇があった部屋で何度刺されたか…何故だ!? 何故なのだ!? 信仰心がないからか

●まさに信仰、これぞ信仰

●私はお線香の匂いが好きで、毎日部屋で「毎日香」を焚いてるのだけど、虫がよく勝手に死んでる

 
グッとくる一幕に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ