外見が他と違うために、安楽死間近だった子猫。たまらず引き取ると?

アメリカ・ノースダコタ州に住むメーガンさんの母親は、職場の同僚から、とある不幸な子猫の話を聞かされました。

 
クリケットと名付けられたその子猫は、片方の目がなく、唇は裂け、さらに顎が歪んでいて…

外見が他の猫と違うという理由から、飼育者に安楽死させられそうになっているといいます。

 
メーガンさんの母親は、彼の命を救うため、急いで引き取りを決めました。

愛情を注ぐ

こうして、メーガンさん宅に迎え入れられたクリケット。

 
彼は見るからに栄養不足で、骨と皮しかないほどに痩せ細っていました。

それでも、興味深そうに家族の靴や屋内を探検したあとは、自分の命を救ってくれた人間にすり寄って甘えたんだとか。

どうやら、クリケットはこの家が気に入ったようでした。

私も、彼と出会った瞬間に、「彼のためならどんなことだってしてあげよう」って思ったんです。

 
容態が整うのを待ち、動物病院へと連れて行くと…

ほんの2~3日で、健康状態はかなり回復したそう。

 
生きるための活力を取り戻したクリケットは、生来の甘えん坊な性格を覗かせ始めます。

隙あらばメーガンさんにすり寄る様子は、まるで「自分はもう孤独じゃない」と確認しようとしているようでした。

クリケットは、私に生きる目的をくれました。

怒ったり悲しんだりしているときは、いつもストレスを和らげてくれるんですよ。

私たちは彼を救ったけれど、彼もまた私を救ってくれたんです。

一日の始まりは、彼にご飯をあげることからですね。

私を起こそうとすることもあったけど、最近は目覚ましのアラームが鳴るまで待ってくれるんです。

それから、彼はとてもおしゃべり好き。

一緒に遊びたいときや、注意を惹きたいときは、弦楽器みたいな音を喉から鳴らすんです。

ご飯を要求するときは、とても大きな声で、ニャー、って主張しますね。

 
日を追うごとに、クリケットとの絆を深めていったメーガンさん。

彼らが互いにとっての大切な存在となるまで、そう時間はかかりませんでした。

関連:初の里親ボランティアで、生後5日の子猫を預かった女性。その結末は?

家族になった

メーガンさんは改めて、「クリケットは他の猫と何も変わらない」と主張します。

保護された猫を引き取る予定がある人には、ぜひ一番最後まで残っている猫を選ぶように勧めたいですね。

こちらから心を開けば、素晴らしい関係を築くことが出来るんですから。

 
固い絆で結ばれた彼らにとっては、外見の違いなど、些細な問題に過ぎません。

これからもクリケットが、猫としての幸せを存分に満喫してくれることを祈ります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ