【見事】 とあるゴールデンレトリバーが集めた『自慢の木の枝コレクション』をご覧ください!!

4歳のゴールデンレトリバー犬・ブルースは…

道端で発見した木の枝を自宅で大量に保管している「木の枝コレクター」です。

こだわりのコレクション

飼い主のレオさんによると、これまでの総貯蔵量はなんと50本以上!

日課の散歩中に気に入ったものをみつけるたび、拾って持ち帰ってくるといいます。

幸いにも、入江の近くに住んでいるため、流木の種類には事欠きません。

傍目には、どれも同じ木の枝のように見えますが…

長いもの、短いもの、曲がったもの、細いもの等々、おそらくマニアにしか分からない細かな違いがあるのでしょう。

なおレオさん曰く…

ブルースの収集癖には、きっかけとなった事件があるとのこと。

当時、彼には凄くお気に入りの木の枝が一本あったんですが…

大雪が降った日に庭に放置していたせいで、雪に埋もれて失くしてしまったんです。

その後、かなりの時間をかけて探したんですが、見つからなくて。

もう二度と、悲しい思いはしたくない…!

だからこそ、熱心に保管せずにはいられないのですね(;∀; )

関連:共に暮らすゴールデンレトリバーのそばで、『電動ヒゲソリ』を使っていたら…なんとも切ない悲劇が起こってしまった

みんなの反応

●好きなものをコレクションしたいのは、人間も動物も同じなのね!

●ウチの犬も、骨のコレクションがあるよ。庭の別々の場所に埋めて、保存してるんだ

●いい子だなぁ、とてもよく躾けられているんだろうね

●神様、こんなに可愛い動物たちを想像してくださってありがとう、おかげで笑顔になれました

今回の話は、ネット掲示板などを通じて共有され、様々な反応を呼んでいます。

自身のコレクションに集まる注目と称賛の声を、ブルースもさぞや誇らしくおもっていることでしょう( *´艸`)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ