後ろ脚がまったく動かない子猫のために、補助器を作ってあげたら…?

米カリフォルニア州オックスナードで発見された、子猫のバーナード。

 
保護されたとき、彼の後ろ脚はまったく動かない状態でした。

不運にも負けず

動物保護の団体に所属するアリッサさんによれば…

どうしてバーナードの後ろ脚が動かないのか、はっきりとは分かりませんでした。

おそらくは、脱臼が原因だったのではないかと思います。

 
後ろ脚を動かせないため、自力で排泄することすら出来ません。

それでも…本人はハンディキャップをものともせず、やんちゃでエネルギッシュな振る舞いを見せます。

 
里親となるジェニファーさんの家に引き取られた際にも、彼は少しも物怖じすることなく、初日から家中を駆け回ろうとしたのだとか。

さらに、お手製の補助器を作ってもらうと…

すっかり気に入って、あっという間に使いこなしてしまったそうです。

補助輪をつけてあげた次の瞬間、まるでレーシングでもするかのように、すごい勢いで走り出したんです。

かなり楽しいみたいで、家中をあちこち駆け回っていますよ。

関連:足が悪くても歩くことを諦めない子猫に、専用の車椅子を作ったら…!

未来への期待

プレゼントが功を奏してか、バーナードは目覚しい回復を見せました。

そして…なんと1週間もしなういちに、片一方の後ろ脚が動くようになったといいます!

自分が他の子猫とは違う、だなんて、つゆとも思っていないみたい。

甘え好きで、誰とでも仲良くなってしまう、素敵な心の持ち主ですね。

 
これからもハンデに負けず、すくすくと成長してくれることを願います(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ