施設へ運び込まれたノラ猫。その傍らにいた子猫は…やがて親そっくりの『美しい猫』に変身した!

ある日、アメリカ・ロサンゼルスの保護団体ASPCAに運び込まれた生後4週の子猫・スパロウと母猫のロビン。

連絡を受けたメンバーのジャンさんが、すぐに預かりボランティアを引き受けます。

子猫が1匹しか生まれないのはとても珍しいことなので…

もしかしたら彼女には、兄弟がいたのかもしれません。

 
しかし、それらしき存在は確認できず…

いずれにしても、このときの彼らにとって、互いが「唯一の家族」にであることは間違いありませんでした。

優しいママ

ジャンさんが親子を自宅へ連れ帰り、落ち着いて子育てができるように静かな場所を用意すると…

安全な場所に来たとわかったのでしょう。

 
キャリアから出たロビンは、スパロウを触らせてくれ…

 
娘が遊びまわる間、まるで助けてくれたことを感謝するように、恩人へ寄り添い頭を擦り付けたそうです。

 
1歳程度と推定されるロビンも、まだまだ心は子猫のまま。

 
いつもスパロウと一緒におもちゃで遊びます。

娘が卒乳し自分のことは何でもできるようになっても…

優しいママは未だに毛繕いをして、まるで「問題ない?」と聞くように話しかけるんです。

関連:【子猫】 ただ独り生き残った子猫は、親の愛情を欲していた。そこで、面倒見のいいオス猫が『父親』代わりになると…?

仲良し親子

こうして、いたれりつくせりな環境で時を過ごし…

やがてスパロウは、ママそっくりな美しい猫へと成長を遂げました。

 
その姿をずっと見守って来たロビンも、きっと誇らしく思っていることでしょう(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ