1985年に完成して以来、誰も布を剥いだことがない『幽霊時計』。そのワケは…!

アメリカ・ワシントンDCのスミスソニアン・アメリカン・アート・ミュージアムには、「ゴースト・クロック」と呼ばれる時計が展示されています。

 
1985年にウェンデル・キャッスル氏によって制作されたそうですが…

 
実は、これまで誰も「布を取った時計の本体」を見たことがないそうです。

 
いったいなぜ?

掲示された解説文を読むと



一般的な古時計に思えますが、近づいて注視すると、我々は騙されていたことに気づきます。

これは、ひとつのマホガニー材を使って手彫りされた「彫刻」なのです。

ソフトでしなやかな布の曲線も、木で再現されています。

布地の部分は漂白し、時計の部分は茶色に染色することで、このような完璧な錯覚が作り上げられました。

 
ウソでしょ…!?Σ(゚Д゚; )

関連:【エモい】 全国回文大会における、『第1回の最優秀作品』がスゴすぎた…!!

魂の彫刻

そう言われて改めて見ても…

 
写真からでは、全く判別できません!

狂気すら感じる繊細さ…見るものすべてを驚愕させる、素晴らしい作品ですね( ;∀;)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ