弱りきって息も絶え絶えな子猫。その命を救ったのは、『ベテランパパ』だった!

カリフォルニア州のとある道端にて、衰弱しきった2匹の子猫が発見されました。

そのうち1匹は、まもなくこの世を去ってしまい…

残されたもう1匹も、かろうじて息をしている、といった状況。

発見者の女性は、すぐさま地元の動物病院へと連絡を取ったそうです。

 
その病院に医師として勤務していたレイチェルさんは、当時の状況を以下のように振り返ります。

発見者の女性は、自分では子猫の面倒を見て上げられないから、引き取ってもらえないか、と尋ねてきました。

彼女は、その子猫の名前を既に決めていて、力強く生きてくれるようにと…

映画『スターウォーズ』にちなんで、スカイウォーカーとつけたんだそうです。

当然、私たちはその申し出を受け入れましたよ。

猫のお父さん

スカイウォーカーは深刻な脱水症状を引き起こしており、体も痩せ細って、さらにはノミにも集られていました。

レイチェルさんたちが懸命に水分を取らせようと努めるものの…

あまりに弱りきっている彼には、それに応える力さえほとんど残されていません。

 
このままでは、彼もまた少しずつ弱っていって、いずれ息を引き取ってしまうかもしれない…。

そこでレイチェルさんたちは、この動物病院で暮らしている猫のファーガスに、スカイウォーカーのお世話を任せてみることに決めます。

 
病院を訪れる動物の患者たちに寄り添い、リハビリを手伝ったりしているというファーガス。

彼もまた、かつて過酷な路上生活を送っていたところを救助され、命を救われた元・野良猫だったそう。

同じ辛さを知っているためか、病院を訪れる動物たちには分け隔てなく寄り添い、体を温め、治るまで励まし続けてくれているといいます。

 
ファーガスを紹介されたスカイウォーカーは、自分の父親ほどにも年の離れた大人の猫に、すぐさま甘え始めました。

 
初対面にも関わらず、全力ですり寄ってくる子猫に、ファーガスも最初は戸惑いを隠せずにいましたが…

やがて根負けするかのように彼を受け入れて、毛づくろいを開始したそうです。

 
そんなサポートのおかげで、スカイウォーカーは不思議と元気を取り戻していきました。

食欲も増して、ご飯を食べる量も少しずつ増加します。

初めて出会ったときのスカイウォーカーは、よほど路上生活が辛かったのか、24時間延々と寝続けるほどにまで消耗しきっていました。

ファーガスは、そんな彼に寄り添って、自分の力で前へ進むためのお手伝いをしてくれたんです。

そのおかげか、彼と出会ってからたった2日で、スカイウォーカーの体重は100グラムにまで到達したんですよ。

 
体が大きくなるに連れ、スカイウォーカー自身からも、頑張って生きようとする意志が滲み出てきました。

その頃には子猫の友達も出来て、一緒に遊び始めるようになります。

 
ETという名前のこの猫も、かつてはスカイウォーカーと同じように、ファーガスに面倒を見てもらった猫の1匹です。

ETにとって、スカイウォーカーは守るべき小さな弟のような存在みたいですね。

2匹とも結構激しく遊んでいるんだけれど、スカイウォーカーは体格差をものともしないくらいに元気ですよ。

関連:医師に安楽死を勧められ続けた老猫。それでも彼と里親は、「奇跡」を信じた

パパのおかげで

血は繋がっていなくとも、面倒見のいいお父さん。

彼と出会えたことが、スカイウォーカーの運命を変えてくれました。

ファーガスに出会う以前のスカイウォーカーは、まるで生きることを諦めてしまっているかのようでした。

ファーガスは、そんな子猫たちにとって、どんな治療よりも優れた特効薬のような存在なんです。

 
たくさんの優しさに触れて生きる活力を取り戻した子猫は、これからもきっと健やかに育っていってくれることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ