厳粛なミサに野良犬が乱入! 予期せぬ珍事に、神父が下した決断は?

国民の大多数がローマ・カトリック信者の南米ボリビアで、ある珍事が起こりました。

 
厳粛な雰囲気の中で行われていたミサに…

どこからともなく現れた犬が、飛び入り参加したのです!

 
首輪がついていないことから、どうやら野良犬。

神聖な教会で誰もが熱心に神父様のお話を聞くなか、1匹だけ自由気ままにくつろぎます(笑)

 
その後、床が冷たくて気持ち良かったのか…

ぐでーっと寝そべってしまいました( ;∀;)

 
そんな様子を見て、神父様は…

「神様と幸せの象徴だから」と、好きにさせておくよう仰ったそうです(*´艸`*)

 
このミサは、小児がんに苦しむ子どもたちと、その家族のために開かれたものだったとのこと。

予期せぬハプニングに、参加していた子どもたちも大笑いしていたといいます(*´▽`*)

 
日々病気と闘い続けていた人々にとって、ふと訪れた楽しい時間は、かけがえのない想い出として記憶に残ったことでしょう。

皆に笑顔をくれた犬は、本当に神様からの贈り物だったのかもしれませんね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ