『死ぬ所だった』 ある女性が語った「セルフ監禁事件」の体験談に、ゾッとする

Mana Higashi (@mana_h_816)さんが投稿した、とある注意喚起の呟きに注目が集まっています。

※以下、画像内の文章の書き起こしです。

トイレのドアの前に開いたスーツケースを置いてたわけですよ。

部活から帰ってきて、暑すぎてとりあえず下着姿になって、トイレ入ったときになにかの拍子にスーツケースが倒れて、ドアが押されて開けられない状態になって、閉じ込められた。

もう私の力じゃ開けるのも扉壊すことも無理で、私このまま閉じ込められて熱中症か飢えて死ぬんだろうなと…

ところがどっこい、運良く、返信しないとなとか思いながら携帯をトイレに持ち込んでて、それに気づいて不動産屋に鍵を開けて助けて(生還するだけでもありがたいのに下着だからできれば女の人がいいと欲を言う)と 電話できた…

まじでよかった…運良く、チェーンもかけてない…結局閉じ込められてたの20分くらいだった…心から本当によかった… 誰にも知られずトイレで死ぬところだった… 命があってよかった… 一人暮らしって本当に怖い…

ここから得た教訓は

  • 家の構造上、トイレの前に荷物置かない。
  • 携帯を常に持ち歩いておく。
  • あれ、来ないな、連絡つかないなと思ったら警察を呼ぶなりしてくれる友達を見つけておく。

逆も然り、友達がいないと気付いたら できるだけ早く何かあったのかなと接触を試みる。

思わぬところに死の危険を感じたので、みなさんも気をつけてください…

 
『命があってよかった』

仰るとおりですね…!

絶対絶命の大ピンチ

同様の事態に陥った場合、自力で脱出する策はあるのでしょうか?

 
まさに最終手段…!

しかし、決して誇張などではなく、「そうするしかないほど危険な状況となりうる」という認識は誰もが持っておかないといけません。

関連:『うちの子も目の前で…』 とある医師の「うきわ」を巡る注意喚起に、震えた

みんなの反応

●これの段ボール箱版とかあって、マンションに独り暮らしの人が数日閉じ込められたとか

●ご無事で何よりでした! 以前、私の子供もノブの故障でトイレに閉じ込められたことがありました。妻がネットで針金ハンガーを使って開けることができ、最悪の事態を避けることができました。スマホはどこでも必須ですね

●我が家ではトイレ側へ開くドアでしたが、トイレの中で祖父が倒れた際、救出に手間取ったため、廊下側へ開く構造に換えました。逆にこのようなトラブルもあるのですね

●トイレの閉じ込められ話し聞いたことあったので、トイレ行くときはドア閉めません。一人暮らしなので

●やはり引き戸が最強か

 
「無事で良かった!」と思わずにはいられないエピソードに、大きな反響が寄せられていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ