採掘現場でキーキーとの鳴き声。振り返った地質学者は、運命の出会いを果たした


タグ

ある朝のこと。

地質学者のトニーさんが、ペンシルバニア州の採掘現場で作業をしていると、意外な訪問者が訪れました。

キーキーいう小さな鳴き声が聞こえたんだ。

振り返って見たら、小さな黒猫が駐車場に座っていた。

それで、「よう、猫ちゃん!」って声かけたら、すごい勢いで向かってきてね。

あっという間に肩に登ってきたから、思わず笑っちゃったよ。

 
トニーさんが優しく腕に抱いてあげると…

黒猫はすぐに眠ってしまったそう(´∀`=)

研究室での穏やかな日々

一帯はかなりの田舎で、農地以外に猫の行き場はありません。

そこでトニーさんは近くの店で、猫用トイレとご飯を調達しました。

僕の研究室にこっそり連れて行ったんだ。

デスクの後ろの椅子の上に枕があるんだけど、その上で寝ちゃったよ。

普段はタフな男を演じてるつもりなんだけど、この子は本当に可愛くてすっかり夢中さ。

 
名前が必要だと思ったトニーさんは、彼を「スパッド」と呼ぶことにしました。

ちなみにスパッドとは、「初めて採掘する場所」を指す言葉なのだそう。

採掘現場で出会った彼にはピッタリでしょ?

これ以外の名前は考えられないね。

 
それから毎日、スパッドはトニーさんの後をついて回ります。

研究室を出ると、彼は起きて僕を探し回るんだ、

僕が戻ると、今度は猛スピードで走り寄ってきて…

僕の体をよじ登ったと思ったら、また寝ちゃうんだよ(笑)

 
そこでトニーさんは、椅子に枕とブランケットがわりのTシャツを置いた、仮の猫用ベッドを作ってあげました。

 
これでご主人が働いている間も、スパッドはグッスリと眠ることができます(*´艸`*)

関連:野良猫の写真を見て『助けが必要だ』と気づいた女性。すぐに保護へ向かうと…

生涯の住処へ

そして数日後。

いよいよトニーさんが、スパッドを連れてニューヨーク州バッファローに帰る日がやってきました。

出発までの最後の2時間、みんなが彼にお別れを言いに来てくれた。

現場で過ごした中で、一番素敵な時間だったね。

 
やがて無事に家に着いたスパッドは、すぐに新しい場所に慣れた様子。

窓の側で日がな一日鳥を見ているのがお気に入りなのだとか。

 
生涯の家族と運命の出会いを果たした子猫。

これからもずっと幸せに暮らしていくことをお祈りしています。

この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ