たくさんの病気を抱えながら、必死で生きてきたノラ猫。悲しそうな目をした彼女に…ようやく、念願の家族ができた!

動物病院で猫の養子縁組コーディネーターをしているデイジーさんは…

シェルター主催のイベントを手伝った際に、マーミーという名の猫と出会いました。

 
元野良猫の彼女の被毛は、泥に覆われて汚れきっており…

 
少なく見積もっても10歳ほどでしたが、栄養不良で体重はわずか2キロほどしかありません。

大きな決断

骨と皮ばかりの猫は、悲し気な目で近寄ってきて甘え始めたそう。

新たに猫を飼う予定などまったくなかったデイジーさんでしたが…

保護シェルターには、これ以上マーミーの世話を続ける余裕がありません。

うちにはすでに16歳になる猫が1匹いたので、とても悩みました。

でも、なんとかしなくちゃと思ったんです。

 
その日のうちに、マーミーはデイジーさんの家へと迎えられます。

 
病院に行った結果、彼女は猫エイズに加え、口内炎と難病であるエーラー・ダンロス症候群のほか、慢性の気道疾患にもかかっていることが判明しました。

何年もの間、マーミーは病気やひもじさと闘いながら、野良猫暮らしをしてきました。

でも…わたしに出会って元気になったみたいです。

 
四六時中、ママにべったりのマーミー。

 
自分のお世話をしてくれる人がいることに、心から感謝しているようです。

関連:過酷な野生暮らしで、顔つきに悲壮感がただよう野良猫。それでも時間をかけて愛情を注いであげると、表情にも変化が表れて…

幸せを手に入れて

歯に問題はあるものの食欲旺盛で…

やがて、体重も5キロを超えたそう。

 
辛い経験もたくさんしたでしょうが、もうひとりぼっちではありません。

安心で快適な室内で、穏やかな生活を送れるように祈っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ