車の中で見つけた子猫。母猫の代わりにミルクを与え続けたら…こんなに元気に!

ステファニー・スペンサーさんは、悲しい出来事に見舞われた3匹の子猫を手助けすることになりました。

彼らは車の中で生まれたの。

母猫は開いている窓から入ってそのまま出産したようだけど…そのまま戻ることはなかった。

以前生まれたばかりの子猫の世話をしたことがあったから、我が家で面倒を見ることになったわ。

 
フィジーと名付けられた子猫は彼らの中でも特に小さく、手の平に収まってしまうほどのサイズしかありません。

 
彼女に哺乳瓶は大きすぎたため、ステファニーさんは注射針で子猫用ミルクをあげることにしました。

すくすくと成長

すると…

旺盛な食欲のおかげで、あっという間に体重が増加!(*´艸`*)

 
とても甘えん坊の彼女は、すぐにステファニーさんの心を奪いました。

フィジーはまるで体の大きな猫のように元気な声を出すの。

今やすっかり我が家の一員。

可愛くて仕方ないわ。

 
生後17日には歩き始めたフィジー。

まだまだ体は小さくても元気いっぱいで、抱き上げられると愛情を感じて嬉しそうに声を出します。

 
パパの抱っこタイムも大好きな時間です(´∀`=)

 
家の中ではステファニーさん夫妻の後をついて回り、車に乗るのもへっちゃら。

 
膝に乗せてあげると、運転中でも気持ち良さげに眠ってしまうのだとか。

関連:愛する飼い猫の死後、隣の家の猫が度々訪ねてくるようになり… 6枚

元気いっぱいの日々

その後もすくすく成長し…

 
生後1ヶ月もたった頃には、走り回っていたずらもするようになりました。

毎日新しいことができるようになっているの。最近はソファによじ登ることも覚えたわ。

 
なお、フィジーとともに救出された子猫の内、残念ながら1匹は命を落としてしまいましたが…

残る1匹はドーナツと言う名前をもらい、無事に生涯の家を見つけることができたそうです!

 
過酷な状況下で幸せを掴んだ彼ら。

これからも愛があふれる暮らしを、思う存分満喫してほしいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ