猛暑の中でうずくまっていた子猫は、懸命なケアの果てに…「大変身」を遂げた!

タグ

真夏のある日。

カナダ・モントリオール市で、ひとりぼっちで床にうずくまっている子猫が発見されました。

 
生後5-6週間ほどの彼は、やせ細って脱水症状を起こしていた上、熱を出しています。

自力で動く元気もなく、目は炎症によって開くことができない状態です。

 
保護した人は、その体を洗いご飯を与えた上で、動物病院へ連れて行きました。

 
薬を与えられて目を治療してもらっている間、衰弱していたにも関わらず…

彼は感謝を示すように鳴き続けていたといいます。

茶色の毛が抜けて…

そして地元の愛護団体「Chatons Orphelins Montréal」に預けられ、里親の元へ。

「マーベル」と名付けられた子猫は、幸いにも数週間すると無事に回復しました。

 
生後9週間頃に茶色の体毛が抜け始め、見た目は少し変わりましたが…

 
目もきれいになって、鼻をぐずつかせることもなくなり、健康状態はとても良くなったそうです。

 
里親のケアのもと、すっかり元気になったマーベル。

 
もうひとりぼっちで、寂しく辛い路上生活をする必要もなくなりました。

関連:駐屯中の兵士になついた地元の黒猫。「友達」で終わるはずの出会いは、やがて…

幸せな日々

穏やかでのんびりした性格の彼は今…

他の子猫とも仲良くなり、里親と添い寝できる時間を楽しんでいるのだとか。

 
この先も健やかな日々を過ごせるよう、心から祈っています(´∀`)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ