渋谷の某クラブ。隣のテーブルの客が耳打ちしてきた「一言」に、心底ゾッとした

にこる@🇺🇸空飛ぶ✈️必殺!仕事人🇯🇵 (@indaskyyyyy)さんが投稿した、『レイプドラッグ』を巡るご自身の体験談に注目が集まっています。

 
「誰かとお酒を飲む」だけでも注意が必要。

本当に恐ろしい話ですね。

 
被害者側に身を守る責任が生じるなんて、理不尽に思えます。

それでも…想像を遥かに超えた悪意の持ち主が存在すること、そして「起こりうる」という意識が防犯につながることは、疑いようのない事実です。

 
心に一生の傷が残るような事態におちいらないためにも…

見知らぬ人と交流する機会の多い方は、どうか警戒を忘れないようにしてください。

関連:夫の「通勤用ハイエース」に異変を感じた妻。調べてみたら、震えた!

みんなの反応

●我が家も娘達に言い聞かせています。レイプ被害者の二人に一人は友達や顔見知りから被害を受けているから、友達同士のパーティでも安心するなとも

●知人男性が某国で一服盛られて財布を盗まれました。金ならあきらめがつきますが、性犯罪の被害にあったらそうはいきません。同性愛の性犯罪者もいますから、男は少なくとも性犯罪にはあわないという考えは甘いです

●隣のテーブルの男性のイケメンぶり

●トイレから戻ったら連れの飲み物と交換して飲もう! という踏み絵が大事

 
ゾッとするエピソードに、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ