18歳で人生初の選挙。『0票確認』をするべく、1番乗りを目指して会場に行くと…

2016年の7月10日に投開票された参院選。

その年から選挙権年齢が18歳に引き下げられたため、晴れて人生初の投票を行うこととなった原口陸 (@riku0602team)さんは、当日、一番乗りを目指し投票所に向かいました。

 
というのも、最初の投票者が投票箱の中に何も入っていないことを目視でチェックする「零票確認」という作業を、ぜひともやってみたかったからだそうです(*´∀`*)

 
しかし到着してみると、残念ながら2番目。

すると、一番乗りしていた方が



 
優しい!!(*´∀`*)

 
粋な計らいのおかげで、原口さんの心には、初投票の思い出がしっかりと刻み込まれたことでしょう。

 
今年の参議院選挙は7月21日。

自らの、そして我が国の行く末を決める大事なイベントだからこそ、今まで以上に多くの若者に参加してほしいですね。

関連:コンビニ前で雑談する男子高校生たち。その「テーマ」にホッコリ!

 
ネットの反応

●君たちの未来が希望で照らされますように!

●俺も前に一番乗りした時、若い男の子が見たそうやったから、一緒に覗いて見た。どんな形であれ、若い層に興味を持ってもらい、投票に行って貰いたい

●貴方のような人がもっと多くなると良いんだけどなぁ

●貴方に票の重みを肌で感じてほしかったのでしょう。素晴らしい方に出会えて良かったですね

 
素敵なエピソードに、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ