ひどいケガで前足を失った猫は、やがて同じ障害を抱える「親友」と出会った

フロリダ州の保護団体Purrfect Match,Inc.のメンバー・ナディージャさんは、公立の猫保護センターで運命の出会いを果たしました。

大きな声で鳴いている猫がいたので、見に行ってみると…

小さな黒猫が3本足でなんとか立っていたんです。

寂しくて仕方がないという様子でした。

 
ひどい怪我で前足を失ってしまった、生後数週間のバイオレット。

たまらずケージから出して抱きしめると、すぐにゴロゴロと喉を鳴らし始めます。

 
腕の中ですっかり安心した様子を見て、ナディージャさんは彼女を連れ帰ろうと決意しました。

 
そこから、二人三脚のリハビリが始まります。

まだ3本足に慣れておらず、とても苦労しているようでした。

歩こうとしてはバランスを崩し、転んで、助けて欲しいと私を呼ぶ…。

その繰り返しです。

 
患っていた感染症も治すため、いくつもの病院を回り、何種類も薬を飲ませ、軟膏でケアをして…

そんな日々を過ごす内、バイオレットは見違えるように元気を取り戻していきました!

こんなに素敵な猫には会ったことがありません!

優しくて、落ち着いていて、幸せそうで…

今の環境に心から感謝をしてくれているようです。

 
その後、ローガンという猫を預かったことでさらに素敵な変化が訪れました。

同じく足に障害を抱える彼の存在は、バイオレットにとって良い手本となったようです。

一緒に過ごすようになってから、もっと遊び好きで大胆になりました。

 
きっと、互いの困難を理解している2匹だからこそ…

強い絆が生まれたに違いありません。

関連:双子の「兄弟猫」が暮らす家に、双子の「姉妹猫」がやってきたら…問題発生!?

 
障害を物ともしない彼らの姿は、見ているこちらにも勇気を与えてくれます。

 
「転びそうなら、支え合えばいい」

そうして今日もバイオレットとローガンは…寄り添いながら、幸せな日々を送っていることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ