先輩猫を恐れることなく甘える子猫に、新しい友だちを紹介してみた!

ロサンゼルスの動物保護団体「Alley Cat Rescue」のスタッフとして、地域猫たちの保護活動を行っているドリューさんは…

建物の壁と壁の間に挟まって、身動きが取れなくなっていた子猫を救出しました。

 
ビンキーと名付けられた子猫は、助けてもらって本当に嬉しそうな様子。

 
片目を感染症に侵されていたので、動物病院に連れて行き…

点眼薬と抗生物質をもらって一安心です。

先輩猫がやってきた

そんなある日、スタッフたちとの遊びに疲れたビンキーは、居心地の良いベッドで眠りにつこうとしていました。

 
すると、里親ケアを受けている先輩猫がやってきて



一緒に眠りはじめたではありませんか!

 
先輩猫を恐れるどころか、ゴロゴロと嬉しそうにのどを鳴らすビンキー。

どうやら彼女は、とても社交的な性格の持ち主のようです。

 
そこでスタッフは、モチという子猫を彼女に紹介することに。

すると、思った通りすぐに仲良くなりました!

 
きっと、お友だちのおかげでしょう。

彼女は日ごとに元気になり、さらに愛嬌たっぷりの可愛らしい子猫へと成長していきました。

 
ビンキーは、モチのすることをなんでも真似したがります。

ご飯をモリモリ食べるお友だちの姿を見て、彼女の食欲もどんどん旺盛になっていったんだとか。

本当によく食べるんですよ。

目の感染症もだいぶ良くなりました。

関連:2匹の子猫が、ガッチリと抱きしめて守っていたもの。それは彼らの「妹」だった

お友だちと一緒に

たくさん食べて、たくさん遊び、ビンキーはすくすくと大きくなっていきます。

 
優しい人たちとお友だちに囲まれて、幸せいっぱい!

 
みんなに愛される魅力的な子猫の未来が、素晴らしいものであるよう願ってやみません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ