親友の犬をガンで失った猫。その悲しみを癒すため、飼い主が動画を流すと…

生後5か月半のとき、海外掲示板ユーザーのonedaythiswillallbeyoursさん宅にやってきた猫・スカウト。

最初の夜、彼女は共に暮らす犬のチャーリーに抱っこしてもらって、やっと眠ることができたそうです。

 
それからというもの…

スカウトは常にチャーリーのそばにいるようになりました。

 
チャーリーもスカウトに優しく接し、すべて彼女のしたいようにさせてあげていたといいます。

 
食事も一緒。スカウトはチャーリーの耳の匂いが大好きでした。

 
コッチの写真でも、クンクンと興味深そうにかいでいます(笑)

 
誰もが認める最高のコンビ。

 
しかし…

そんな2匹に、突然の別れが訪れます。

 
チャーリーがガンによって亡くなってしまったのです。

 
相棒を失ったスカウトの悲しみ。

その大きさは、はかり知れませんでした。

関連:保護されたのは「子犬と子猫」のコンビ。深い絆で結ばれた彼らが迎える結末は…

 
そして、ある日のこと。

飼い主さんは悲しみに暮れるスカウトのため、チャーリーのベッドの上で、彼の動画を流してあげることにします。

 
すると、映像を見つめていたスカウトは



 
画面に寄り添い、親友と過ごした時間を再現するかのように丸くなりました。

 

スカウトも、私も…

最愛のチャーリーを失って、本当にさみしいです。

 
去り行くペットたちに、そして残されたペットたちに、我々は何をしてあげられるでしょうか。

胸がギュッと苦しくなる、切ない一幕でした。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ