保護した子猫の三兄弟は「固い絆」で結ばれていた。離れ離れにならないよう、一緒に引き取ってくれる飼い主を探し続けた結果…!

米インディアナ州で、路頭に迷っていた5匹の子猫が発見されました。

子猫たちを保護した家族は、そのうち怪我をしていた1匹を引き取って、残りの4匹を地元のレスキューグループに託します。

 
レスキューグループは、彼らを家族として迎えてくれる家を探し開始。

兄弟のうち、灰色の毛並みの子猫はすぐに引き取り手が見つかったのですが…

 
残る3匹の白猫、スノーボール・スノーウィ・スノーフレークには、なかなか飼い主が見つかりませんでした。

兄弟の絆

飼い主探しが難航したのには理由がありました。

施設のスタッフは、子猫たちが固い絆で結ばれていることに気付いて、3匹を一緒に引き取ってくれる家庭を探していたのです。

 
子猫たちは、けっしてお互いの傍を離れることはなく…

遊ぶときは一緒に遊び、眠るときにはお互いの体を抱きしめあって眠ったといいます。

 
こんなに仲の良い3匹を、離れ離れにしてしまうことなどできるはずがありません。

 
そんなある日、救世主が現れます!

子猫を2匹ほど飼いたいと考えていたサンディさんは…

施設を訪れスノーボールたちと出会って、一目で恋に落ちてしまったのだとか。

さすがに、もう1匹を置いてけぼりにすることは出来ませんでした。

だから3匹とも、ウチで引き取ることにしたんです。

関連:傷だらけの体で、何度も危機を乗り越えた子猫。そんな彼に与えられた名前は…!

幸運に感謝

一生懸命に3匹の家を探していたスタッフたちは、この縁組に大喜び!

スノーボール、スノーウィ、スノーフレーク。

3匹の仲良し兄弟が同じ家に引き取られることになったのは、本当に素晴らしいことです。

 
今では一つ屋根の下で、一緒に仲良く暮らしている3匹。

理解のあるスタッフたちや優しい飼い主のサンディさんなど、素敵な出会いに恵まれて本当によかったですね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ