【子猫】脊髄損傷のせいで後ろ足が不自由な子猫。明るく愛嬌にあふれる彼女は、動物病院にいるすべての人々を魅了した!

動物保護団体「Alaska’s KAAATs」に引き取られた生後9週間の子猫。

レディ・パールと名付けられた彼女の後ろ足は、ねじれるように曲がっていました。

 
エックス線写真を撮った結果、やはり脊髄損傷のせいで足が不自由であると判明したものの、予期されていたよりは軽症のようです。

その証拠に、彼女は走ることも高いところに登ることもできる上、トイレも上手でした。

レディ・パールはとても忍耐強く勇敢です。

明るく愛嬌にあふれるこの子猫は、動物病院にいるすべての人々を魅了してしまったんですよ。

新しい家族

施設に戻ってきたレディ・パールは、ベビーサークルの中で大好きなぬいぐるみに寄り添って眠りました。

 
やがて「遊び友だちがいれば寂しくないだろう」と考えたスタッフたちは、彼女に施設で暮らす仲間たちを紹介します。

そのうちの一匹が、同じく後ろ足に障害を抱える保護猫・ハーパーでした。

 
レディ・パールは、彼とすぐに意気投合!

 
さらに、これまでたくさんの保護猫や保護犬たちのお世話をしてきた犬のシンダーも…

 
彼女を家族の一員として歓迎してくれたのだとか(*´∀`*)

関連:【子猫】 「最後の1匹」として、ケージの隅で丸くなっていた子猫は…やがて飼い主と「運命的な出会い」を果たした!

障害にも負けず

ハンディキャップを抱えているにもかかわらず、エネルギッシュでとても人懐っこいレディ・パール。

 
出会う人すべてを虜にしてしまう素敵な子猫は…

これからも安全で快適な環境で、のびのびと暮らしていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ