レストランで「悲しい嫌味」をぶつけられた母親。すると店員が?

「テキサス・ロードハウス」というレストランへ、息子のドリューくんとディナーを食べに訪れたケイティ・リーチさん。

 
2人が食事中だったとき、別の席ではバースデーソングが歌われたりと、店内はかなり騒がしい様子でした。

そんな店内の活気あふれる雰囲気に興奮してしまったのか、ドリューくんが叫び始めてしまいます。

ケイティーさんは何度も「大きな声を出したらダメ」「静かにしてね」と言い聞かせるのですが、まだ生後10ヶ月ほどということもあってどうしても聞き入れてはくれません。

 
すると…

突然、真後ろの座席に座っていた中高年の女性2人がケイティーさんたちのテーブルへやってきて、1枚のメモを叩きつけるようにして置いていきました。

 
いきなりの出来事に衝撃を受けながらも、メモを開いたケイティーさん。

そこにはこんな言葉が書かれていました



あなたの子どもの叫び声で、私たちのディナーを台無しにしてくれてありがとう。

 
周囲に迷惑をかけていたことは、痛いほどわかっていたケイティーさん。

追い打ちをかけるかのような心無い言葉に、打ちのめされます。

 
それでも、彼女は自分を奮い立たせてこの女性2人のテーブルへ行き…

「レストランではどうしなきゃいけないかは最大限教えたこと」「息子はまだ幼く、マナーを学んでいる途中だということ」を精一杯伝えました。

しかし彼らは…

私の孫はあんな風に叫んだりしなかったわよ。

 
そう言って、なおも嫌味をぶつけてきます。

 
その時でした。

様子を見ていたレストランのマネージャーが、さっと彼女のもとへやってきます。

 
そして、メモを突き付けた女性たちに対し、こう言い放ったのです



今残っている料理は食べてもらってもかまいませんが…

食事が終わりましたらすぐに退席をお願いします。

 
加えてマネージャーは、ケイティーさんたちの分の食事代を支払い、「いつでも歓迎しますので、またお店に来てくださいね」とにこやかに告げました。

この毅然とした姿勢に、誰よりケイティーさん自身は、感謝とともに驚きを感じたことでしょう。

 
後に、企業のスポークスマンであるトラヴィス・ドスターさんは、こうした対応をとった理由についてこのようにコメントしました。

私たちは、騒々しいレストランであることに誇りをもっています。

ワイングラスやフォークのカチンという音だけを聞きたいのなら…

このレストランを選ぶべきではないでしょう。

関連:万引きを疑われた親子。窮地を救ったのは「ダイソーの神対応」だった

 
実はこのチェーン…消費者アンケートで「最もうるさいレストラン」の1つに選ばれたこともあるほど、騒がしいことで有名でした。

はしゃいで声を上げる子どもを歓迎し、「黙れ」というお客さんに退店を促したマネージャーの接客応対もすべて、お店の方針に則ったものだったのです!

 
静かなレストランもあれば、騒がしいレストランもあります。

今回については間違いなく、ふさわしくない場所で、ふさわしくないやり方で、文句をつけた女性2人組に非があったと言わざるを得ません。

 
徹頭徹尾スカッとする対応を見せ、大きな話題を呼んだテキサス・ロードハウス。

それにしても、「誇りに思う」ほどの騒々しさとは、いったいどんなものなのでしょう…(笑)!

美味しい料理とともに、ぜひ一度味わってみたいですね(*´艸`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ