父の背中に出来たコブ。中央の「シャー芯」ぽいものを抜いてみたら…

匿名掲示板に、とあるユーザーが父親との忘れられないエピソードを投稿しました。

 
●ユーザーID:M7b

帰省した時に、父が「背中にコブができてめちゃくちゃ寝づらい」って相談してきた。

服を脱いでもらって確認したら…

肩甲骨の間の少し下あたりが、ぽこーんっと手のひらサイズに盛り上がってたのね。

align=”center”
なんだこりゃって母と眺め回してたら、コブの真ん中あたりに黒い鉛筆の芯っぽいのが刺さってんの

これが原因では?ってなって、ピンセットや五円玉を駆使して、シャー芯抜き作業を開始した。

[2019/04/25(木)01:40:06]

 
鉛筆の芯?Σ(゚Д゚;)

お父さんの背中に、いったい何が起こっているのでしょうか…!?

 
そして作業を続けた結果…

 
●ユーザーID:M7b

5分くらいしてやっとシュポって鉛筆の芯が抜けたんだけど、ここからがやばかった。

 
鉛筆の芯を抜いた次の瞬間…

刺さってたポイントから、カッテージチーズみたいなやつが溢れ出した。

 
チーズ以上に臭いチーズ的なものが穴からとめどなく溢れてくるもんだから、もう私も母も阿鼻叫喚。

臭いしか感じられない父は「何!?くっさ!何!?!?」ってパニクって体を動かすから、チーズが飛び散り被害拡大。

ガンかなんかの中身を解き放っちゃったか!?って恐ろしくなって、慌ててガーゼを父の背の穴に当てて病院へ連れてった。

[2019/04/25(木)01:40:06]

 
えええええええええ(((゚Д゚;)))

恐ろしすぎます!!

 
●ユーザーID:M7b

診断結果、背中のコブは「ふんりゅう」って名前のおできだった。

 
元々父の背中にあったが、なんかの拍子に炎症を起こし…

それが治ると、今度は中身のチーズが増殖してコブ状になったらしい。

父を診てくれたお医者さんが嬉々として説明してくれた。

 
そんで「再発しないよう良い感じに切って差し上げますねー!」って我々に言い放った。

めっちゃくちゃキラキラしててカブトムシ見つけた男子みたいな笑顔だった。

 
後日改めて手術をしてもらって、父の背中のコブは綺麗さっぱりなくなったけど…

いまだにあの臭いとカッテージチーズとお医者さんの笑顔は忘れられない思い出。

[2019/04/25(木)01:40:06]

 
先生にとっては、思わず笑みがこぼれてしまう腕の見せ所だったのでしょうか(笑)

ともあれ、悪い病気などではなく何よりです…!!

関連:久々に帰省したら両親がぎこちない。ケンカかと心配してると、え!?

 
聞いただけでもゾッとするような一幕。

 
もしも体のどこかにコブを見つけたら…

念のため触らず、病院で診てもらった方がよさそうですね!

※こちらの記事はopen2chより、一部コメントを読みやすくまとめた上で作成しています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ