【神対応】ディズニーランドに「25年前のパスポート」を持参したら?

1994年、4歳だったチェルシー・ハーラインさんは、両親と双子の姉と「4デーパスポート」を持ってディズニーランドを訪れました。

しかし…

3日間は満喫できたのですが、4日目に体調を崩してしまったため、その日は遊ぶことができなかったといいます。

 
やがて年月がたち、そんな思い出をすっかり忘れて過ごしていたある日のこと。

地下室の金庫を掃除していたお父さんが、たまたまこの古いパスポートを発見し、彼女に渡してくれました。

 
そして、27歳になったハーラインさんは、あることに気が付きます。

このパスポート、有効期限が書いていない。

※現在の4デーパスポートには有効期限が書いてあります

 
ものは試しに…と、彼女はそれを手にフロリダ州・オーランドにあるディズニーランドへと向かいました。

 
25年前のパスポートには、幼児だった当時のハーラインさんの写真と共に、自分で書いたサインも。

 
入場窓口にて提示すると、ハーラインさんよりも若いキャストが、確認のために上司を呼びます。

そして



実は「子ども専用のパスポート」だったそれを新しいものと交換し、彼女の入場を許可してくれたのです!

 
「初めてのディズニー」という言葉に、手書きの“いつでも”が添えられた記念のバッジももらいました。

 
「こんな古いパスポート、見たことがない!」と、キャストの方々も驚き&大興奮だったのだとか(笑)!

 
キャラクターたちと再会し、懐かしい思いに浸るハーラインさん。

 

ひとりで来て4時間ほど遊んだんだけど…

アトラクションにも乗って、子どもに戻ったみたいに楽しかったわ!

 
夢の国で蘇った、幼い頃の一日。

ディズニーランドらしい神対応に、ただただ脱帽です!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]