ホームセンターで回転椅子に乗ろうとする1歳児を発見。思わず「危ない」と叫んだら?

匿名掲示板『GIRL’S TALK』に寄せられた、とある女性の投稿に注目が集まっています。

 
それは彼女が、ホームセンターを訪れたときのこと。

売り場に置かれていた回転する椅子に、1歳ぐらいの子がよじ登ろうとしていたそうです。

 
「危ないなあ…」

 
そう思った瞬間…

「グルッ」と椅子が回りかけました!

 
とっさに声を出しながら駆け寄ります!

危ないよ! アカンよ!

 
すると…

声に驚いてしまったのか、その子が泣き出してしまいました。

 
と、騒ぎを聞きつけたお母さんがやってきて、開口一番…。

ちょっと、なにしてるんですか!?

 
投稿主は、たった今起こった事を説明します。

しかし



それぐらい大丈夫なので!

泣かせないでください!

スポンサードリンク

 
「それぐらい大丈夫」…!?(((゚Д゚;)))

そして我が子を抱っこすると、彼女はどこかへ去っていってしまったそう。

余計なお世話やったんかな…。

何かモヤモヤしたけど、子どもの怪我を防げたと思って、良かった事にしようと思います…。

しかし、母親はどこに居たんやろ? 近くには居なかったよ…。

 
このエピソードを受け、他のユーザーからも同情と怒りの声が寄せられていました。

 

みんなの声は…

泣かせないでというなら、自分でしっかり見とけー!

怪我したら泣くだけで済まないんだぞ!!

目を離したすきにいなくなっちゃって人様が構ってくれたなら…

まずは「すみません」「ありがとう」だろうが!

スポンサードリンク
そういう親は、ケガしたら店に文句言うだろうな。

放置してるのって大体そういう変な親だから、子どもは可哀想だけどスルーしかないのかな。

投稿主さんみたいに自分が泣かせたと思われるだろうし。

投稿主さんがかけ寄らなくても、椅子から落ちてどっちみち泣いてたと思うけどね。

 
たった一言の感謝が、たった一言の暴言が、それを聞いた方の「親」に対するイメージを覆すこともあります。

 
子どもたちにとって過ごしやすい社会を実現するためにも…

我々大人が、協力しあう心を忘れないようにしなければいけませんね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]