小学1年生の図工教科書で見つけた一文に、「芸術活動の意味」を改めて考えさせられた

東京造形大学准教授のカイシトモヤ (@room_composite)さんは、小学1年生向け図工教科書に書かれていた彫刻家・佐藤忠良(ちゅうりょう)さんの言葉を、Twitter上で紹介しました。

 
技よりも、感性を大切に。

仰る通り、これは芸術を学ぶ上で、最も大切な教えに違いありません。

 
ネットの反応

●なんだか涙が出てきた。私が子どもたちに本当に伝えたい文章がここに書いてあった

●岡本太郎の「うまくあってはならない。きれいであってはならない。ここちよくあってはならない」に通ずるものがありますね

●この文章を理解していたら、絵を描くことも、工作も、嫌いにならなかったかもしれないなぁ

●素敵。こうして自分の作品や他の人の作品を大事にする気持ちも知っていくんだろう

 
大人である私たちも改めて心に刻みこむべき、素晴らしい一文ですね(*´∀`*)

スポンサードリンク
               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]
あなたにオススメ [PR]