デング熱

代々木公園で新たな感染が確認されたデング熱の知識と対処法

おすすめ記事

8月27日に70年ぶりに国内での感染が発見されたデング熱ですが、8月28日には東京都・渋谷区にある「代々木公園」で3名の感染が確認されました。

 
東京都は、念のため8月29日まで公園を一時封鎖し、蚊の駆除にあたるとのことです。

 
感染力が高く70年ぶりの発症であったため騒ぎが大きくなっていますが、正しい知識と対処法を抑えておけば恐れることはありません。

デング熱と対処法

・ヒトからヒトへは感染しない(蚊媒介)
・症状は発熱、頭痛、筋肉痛や皮膚の発疹など
・症状がでない場合も有る
・治療薬や予防接種(ワクチン)などは無く、対処療法が取られている
・重症化することはまれだが、出血症状を発症した場合には死亡する場合もある
・予防方法は蚊に刺されないようにすることのみ
・長袖、長ズボン、虫除けなどを使用し、刺されないよう注意する

念のため、蚊の多い場所には近寄らないよう心がけましょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ