弟がいずれは「赤ちゃんではなくなる」という現実を知った5歳の姉の大号泣

弟が赤ちゃんのままではなく、いずれは成長してしまうことを知ったサディちゃん(5歳)。大号泣で弟の「かわいい小さなスマイル」が失われてしまうことを嘆きます。それをニッコリ見つめる弟にも注目。

 

サディちゃんの主張

弟に大きくなって欲しくないよ~。
だって、彼はとってもかわいいもん!
それに、私も100歳になっても死にたくないよ~。
え~~~~ん。

(弟の方を見ると、弟がニッコリ微笑む。)

あなたは、なんてかわいいのかしら。
私はあなたのカワイイ小さな笑顔が大好きなのよ!
お願いだから、小さいままでいてよ。

彼女にとっては一大事のようですが、とてもかわいい悩みですね(*´ェ`*)

スポンサードリンク
               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]
あなたにオススメ [PR]