娘が学校にいるとき、家で訴えるように鳴き始めた介助犬。半信半疑で連絡してみると…

アメリカ・ユタ州に住む4歳のサディちゃんは、ダウン症とともに1型糖尿病を抱えており、血糖値を感知する訓練を受けたラブラドール・ヒーローの助けがなければなりません。

hero-at-school_R

hero-doctors-appt_R

 
そんなサディちゃんが、母・ミシェルさんとヒーローから離れ、学校にいたときのこと。

ミシェルさんは、ヒーローの様子がなんだかおかしいことに気づきました。

 
普段ならとてもおとなしいはずのヒーローが、突然何かを訴えるように鳴き始めたのです。

そして、ミシェルさんの左手をそっと突き始めました。それは、ヒーローが「サディちゃんの血糖値が100を下回ったときにする合図」でした。

血糖値は、標準値よりも高いときより下回るときのほうが危険とされていて、昏睡状態や最悪の場合は命を落とす可能性があるのです。

 
サディちゃんが通う学校は8キロほど先。そんなに離れた状態から血糖値の感知ができるのかしら…ミシェルさんは半信半疑ながらも、すぐさま学校に連絡を入れました。
hero-alerts_R

 
すると驚くべきことに、サディちゃんの血糖値は本当に100を下回っていました!

30分前に確認したときには異常は見られなかったにも関わらず、です。

そして・・・これによって、サディちゃんの命を危険にさらすことなく、救うことができたのです!

 
いくら優れた嗅覚を持つ犬だからとて、8キロ先の異常を感じ取れるとは、奇跡のようなお話。

この出来事を受け、「ヒーローは私たちの理解を超えた力を持っているのでは」と、お父さんも驚きを隠せません。
sadie-hero-sleeping_R

hero-and-sadie_R

サディちゃんとヒーロー、2人には何か私たちには感じ取ることができない、特別な絆があるのかもしれませんね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ