車の下から救助された茶トラ模様の子猫は…ノラ生活を終えて『最高の家族』と出会った!!

アメリカの駐車場で、1匹の茶トラの子猫が発見されました。

彼は、今にも出発しそうな車の下に潜り込んでしまい…

目撃者の女性によって、すんでのところで救助されたそうです。

動物の仲間たち

その後、SNSを通じて子猫の情報が拡散され…

カリフォルニア州で里親活動を行っているサムさんが、彼を預かって保護することに。

ワイルダーと名付けられた子猫は、最初こそ警戒していましたが…

「自分が安全な環境にいる」と理解するにつれて、少しずつ落ち着いていきました。

そして、ご飯の匂いを嗅ぎつけると…

よほどお腹を空かせていたのか、お皿に向かって一直線。

あっというまに平らげてしまいます。

さらにお風呂で身体を綺麗にして、ノミも取ってもらい…

心も体も、かなりスッキリとした様子です。

飼い猫としての快適な生き方を、初めて体験したワイルダー。

そんな彼を待っていたのは…

サムさんの家で暮らしている、動物の仲間たちでした。

新しくやってきた子猫に、興味津々の飼い犬・飼い猫たち。

対するワイルダーも、持ち前の社交的な性格を発揮して…

それほど時間がかからずに互いを受け入れ、遊び回るようになったといいます。

最初のうちは、里親として成長を見守るだけの予定だったサムさんも…

この光景には、心変わりせざるをえませんでした。

気付いた時には、彼と離れることなんて、もう考えられなくなっていました。

そこで、飼い主になることを決意したんです。

関連:独りぼっちで保護された野良の茶トラ子猫を、『我が子を亡くした母猫』に託したら…心温まる話

家族になった

こうして、独りぼっちだった子猫のワイルダーは…

優しい人々の手に保護されて、大所帯の一員となりました。

孤独や危険に苛まれることは、もうないでしょう。

家族たちと仲良く、幸せに暮らしていってほしいですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ