独りぼっちで走り回っていた、人懐っこい野良の子猫は…保護された先で『最高の先輩』を得た!!

恋人といっしょに、ドライブ中だったカリアナさんは…

独りぼっちで走り回っている、1匹の子猫を発見しました。

小さな彼女は、カリアナさんが車から降りると一直線に近寄ってきたそうです。

出会い

子猫はたいへんに人懐っこい性格でしたが…

一方で、骨と皮しか残されていない、というほどに痩せきっていました。

二人は周囲を見渡してみたものの、母猫や、兄弟と思しき猫の姿はありません。

そこで車に子猫を乗せ、自宅へと連れ帰って保護することに。

フィールダという名前を与え、翌日には動物病院へと連れて行ってあげました。

そしてノミやダニ、皮膚感染症を治療したのち…

自宅で飼っていたもう1匹の猫・レオンと引合せます。

初対面の子猫に少し戸惑い気味だったレオンとは対照的に…

人懐っこいフィールダはぐいぐい距離を詰めて、積極的に仲良くなろうとしていたのだとか。

そんな頑張りの甲斐あって、数週間ほど経つと2匹はすっかり仲良しに。

フィールダは頼れる友達の後ろを、いつでもくっついて歩き回り…

一方のレオンは、新入りに飼い猫としての振る舞い方を教えてあげます。

まさに、理想的な先輩・後輩の関係になったようです。

関連:落ち込んでいた女性の元に、ふと現れた野良の子猫。その出会いは…彼らにとって「運命」だった!

大きくなっても

やがて、無事にすくすくと大きくなったフィールダ。

とはいえ、甘えん坊な性格は子猫の頃からまったく変わらないようで…

毎晩、カリアナさんたちといっしょに眠っているといいます( *´艸`)

面倒見のいい仲間、そしてとっても優しい人間のママと共に…

いつまでも、幸せな生活を満喫していってほしいですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ