ゼンリンが訴える『災害時における地図の重要性』に…ハッとした

おすすめ記事

『唐突ですがお願いがあります』

そんな書き出しから、株式会社ゼンリン (@ZENRIN_official) の公式アカウントは、以下のような呟きを投稿しました。

これは大切…!

必須アイテム

ツイートはさらにこう続きます。

常日頃から防災の意識を持つとともに…

有事に備え、常備するよう心がけたいですね。

関連:火災で部屋が黒焦げに。その「原因」は、ガスでも電化製品でもなく…

みんなの反応

●市で配布された防災マップはあります!でも、会社で被災した場合用に、地図が必要かも。準備しようっと

●近隣地図は、時々更新されるから、その時に防災箱に入れる。市街地図は、ナビのない車に乗っている。そろそろ買い換えの時期かも

●何故地図が必要かと考える方もいらっしゃるようですが「自分の家のあったはずの場所に立っていても、ここがどこなのかがわからない」などの状態が家屋倒壊、火災、津波などで起きる可能性があるからです。混乱時見知った景色がなく逃げる方向がわからなくなった時の為に防災セットに入れています

●10年前、偶然なんだけど文庫本サイズの地図を持ち歩いていて、震災直後の携帯使えない中、自宅に帰るのにすごく助かった思い出

拡散必須のお話に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ