カナダの老人ホームで入居者が転倒し、家族に連絡すると…。ハッとする話

おすすめ記事

老人ホームの入居者や、入院患者が経験する『転倒事故』について…

カナダで看護師を務めるMiki Sugi (@MikiSugi3)さんは、こんな呟きを投稿しました。

なるほど…!

責任の範囲は

日本でたびたび議論を呼ぶクレーム問題を振り返ると、深く考えさせられるお話です。

介護・医療従事者の方々が委縮せず働ける環境づくりを進めるためにも…

「実態の周知」がより広く行われることを、心から願わずにはいられません。

関連:『日本人貧乏過ぎなのでは?』 最近の「介護の求人」を見て…絶句した

みんなの反応

●BC州の看護師向けのセミナーかなんかでも同じこと言われて衝撃でした。カナダでは看護師に対する尊敬とか信頼が厚いのも、そういった理解につながるのかなと思います。転倒に限らず、日本でのコロナ禍での医療者に対する態度とカナダのそれは雲泥の差…

●私もリスク説明はキチンと行うようにしています。転倒は完全には防げませんと。では、どのように自立支援をしていくのか、ご本人、ご家族と話し合います。難しいですけどね

●日本では転倒を意識しすぎるあまり、余計な事はしないでおこう、とにかく何もない事が一番と言う考えに縛られてサービスの幅が狭くなるし、転倒が起こってしまった時、看護師や介護士を施設側が守りきれなくなり、結果責任を感じて離職につながる事が多いです

●父の介護で、リフォームで段差を全部無くし、板の間廊下も畳敷きにして、手すりも付けれる場所には全部つけました。が、ベッドからの立ち上がり時に転倒し救急車を呼ぶ羽目になってしまいました。転倒は、なかなかゼロにはできないものですね

ハッとする一幕に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ