「ハグ」が大好きなコーギー。大きい体の友達にも怯えない一方で、自分より小さい子には…?

1歳のウェルシュコーギー犬・ウォレスは、とてもフレンドリーな性格で…

家族や犬の仲間を見かけると、ハグを仕掛けずにはいられないそうです。

愛情の示し方

飼い主さんによれば…

抱っこやハグ、キスといったコミュニケーションを好みますね。

でも、相手は誰でもいいというわけでもなく…

家族であったり、友達であったり、そういう親しい関係に限るみたいです。

一般的に、犬がハグをするのは相手に優位を示すときと言われています。

しかし…

ウォレスのハグは、それとは別ですね。

単純に、相手が好きだから抱きついているんだと思います。

また、人懐っこいだけではなく、配慮の精神を持ち合わせているウォレスは…

ハグをする前に、必ず相手に確認を取るのだとか。

鼻をくんくんと近づけて、コミュニケーションを嫌がる相手は、無理にハグしません。

さらに自分よりも身体が小さい犬とハグをする際は、相手を怯えさせないよう可能な限り穏やかに振る舞います。

我々も見習わずにはいられない社交性ですね(*´▽`*)

関連:子犬にオモチャを見せびらかすコーギー。そのまま意地悪っぽくからかっていたら…思わぬ展開!?

みんなの反応

●これは、コーギーを飼いたくなってしまう…!

●最近見つけたものの中で、もっとも心温まるエピソードだわ!

●ウチのコーギーなんて、出会う奴らみんなに吠えてかかるよ…

●人類も、これくらい気軽にコミュニケーションするべきじゃない?

●まあ、人間と犬ではハグの意味は違うんだけどな

ウォレスは今日も、愛する誰かと温かな挨拶を交わしていることでしょう( *´艸`)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ