ドイツの大学に通う猫・サミー。生徒から大人気の彼には『大きな秘密』があった

ドイツ・バイエルン州のアウクスブルク大学には、赤茶色の猫・サミーが毎日通ってきます。

 
大学近くの家で飼われている彼は…

学生たちの試験のストレスを減らしたり、話し相手になったりと、みんなの癒しに大きく貢献しているのだとか。

「編入」のきっかけ

サミーが大学に通いだしたのは、1歳の頃。

 
学生に抱っこしてもらって以来、その心地良さが忘れられずに毎日来るようになり…

いまでは同校のいちばんの古株になりました。

 
ヒザの上で撫でてもらうと、すぐにお昼寝してしまいます。

SNS上で見られる姿も、寝ているものばかりです(笑)

 
とはいえ、やっぱり自由気ままな猫なので、校舎の日当たりの良いところで1匹でのんびり過ごすのも大好き。

彼のお気に入りスポットである図書館には、サミー目当てで足を運ぶ学生も多いといいます。

 
なお彼にはある秘密が



実は「サミーは愛称」で、肝心の本名を誰も知らないのだそう(;∀;)

 
それすら大きな問題にならないほど、彼は大学に馴染んでいるということですね!

関連:8年たっても頭しか触らせない飼い猫。でも飼い主は「ある秘密」に気づいていた

素敵なキャンパス・ライフ

ときには課題を手伝ってくれることも!

 
学生さんが離席した際には、こっそりコートを温めてくれます。

 
Facebookに個人ページまで持つサミー。

 
人気者の彼は、これからも沢山の仲間に囲まれて…

素敵なキャンパスライフを満喫していくことでしょう(*´∀`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ